トップページ > 『中世思想研究』バックナンバー > 『中世思想研究』第51号

『中世思想研究』第51号

第51号 2009年(平成21年)10月20日発行、定価(3,500円+税)

第51号和文要旨

《 追悼 山田 晶先生 》

追悼文

中川 純男 In memoriam AKIRA YAMADA (1922-2008) PDFリンク
稲垣 良典 山田晶教授のアウグスティヌス研究 PDFリンク
水田 英実 追悼・山田晶先生 PDFリンク
蒔苗 暢夫 垂範 PDFリンク
略年譜・業績一覧 PDFリンク

 

論文

土橋 茂樹 バシレイオスのウーシア – ヒュポスタシス論 和文要旨 PDFリンク
川原田 知也 13世紀パリ筆録説教にみる説教の構造──ウブロニエールのアルヌルフスの枝の主日説教を例に── 和文要旨 PDFリンク
神門 しのぶ アウグスティヌスにおける〈教え〉の諸相──『教師論』から『教えの手ほどき』へ── 和文要旨 PDFリンク

 

研究ノート

菊地 智 リュースブルクにおける「神と人間との合一」のテーマとキリスト論 和文要旨 PDFリンク
芝元 航平 トマス・アクィナスにおける存在と本質の「実在的」区別について 和文要旨 PDFリンク

 

シンポジウム

論題 制度と学知

鶴岡 賀雄 〈司会〉 PDFリンク
秋山 学 〈特別報告〉ビザンティン世界における「知」の共同体的構造──写本伝承活動と宇宙論的典礼を基点に── 和文要旨 PDFリンク
矢内 義顕 〈特別報告〉11-12世紀における二つの学校──ベックとラン── 和文要旨 PDFリンク
高橋 英海 〈提題〉アレクサンドリアからバグダードへ──学知の経由地とイスラーム世界での学知の受容におけるその影響── PDFリンク
山本 芳久 〈提題〉盛期スコラ学における制度と学知──トマス『神学大全』の方法論としての「引用」と「区別」── PDFリンク

 

書評

秋山 学 Tóth Judit, Test és Lélek: antropológia és értelmezés Nüsszai Szent Gergely műveiben PDFリンク
松崎 一平 Philip Burton, Language in the Confessions of Augustine PDFリンク
小林 剛 Rahin Acar, Talking about God and Talking about Creation: Avicenna’s and Thomas Aquinas’ Positions PDFリンク
加藤 希理子 Kurt Flasch, Meister Eckhart: Die Geburt der «Deutschen Mystik» aus dem Geist der arabischen Philosophie PDFリンク

 

その他

会報・規約
欧文要約

PageTop