トップページ > 『中世思想研究』バックナンバー > 『中世思想研究』第42号

『中世思想研究』第42号

第42号目次 2000年(平成12年)9月25日発行、定価3,500円)

論文

今道 友信 超越と命題 –ニコラウス・クザーヌスの場合 和文要旨 PDFリンク
今 義博 エリウゲナにおけるテオファニアの思想 和文要旨 PDFリンク
加藤 和哉 未完の学としての神学 —トマス・アクィナスにおける「聖なる教え」— 和文要旨 PDFリンク

 

研究論文

上村 直樹 神讃美への促しと魂の完成の端緒 —アウグスティヌス『自由意志論』における「意志」をめぐって— 和文要旨 PDFリンク
中軽米 明子 『サン=ベルナール書簡集』の構成から見た«vita contemplativa»と«vita activa» 和文要旨 PDFリンク
江口 克彦 アルベルトゥス・マグヌスにおける神認識の媒介の意義 和文要旨 PDFリンク
三谷 鳩子 トマスにおけるImago Dei概念の発展 —記憶論を中心に— 和文要旨 PDFリンク
佐々木 亘 人間的行為と自然法 —トマス・アクィナスにおける自己原因性の完成について— 和文要旨 PDFリンク
関沢 和泉 学としてのGRAMMATICA —ダキアのボエティウスによる様態論のプログラム— 和文要旨 PDFリンク
須沢 かおり エディット・シュタインの神秘思想 —十字架のヨハネ解釈をめぐって— 和文要旨 PDFリンク

 

シンポジウム

論題 中世哲学と現代 –国家と正義

加藤 信朗 (司会) PDFリンク
岩田 靖夫 (提題) 現代の政治哲学における主要な論点と問題点 和文要旨 PDFリンク
稲垣 良典 (提題) 中世政治思想から何を学ぶか 和文要旨 PDFリンク
清水 哲郎 (提題) 理性的独立的人間像から共に生きる人間像へ 和文要旨 PDFリンク
 甚野 尚史 (意見) PDFリンク
宮本 久雄 (意見) PDFリンク
加藤 和哉 (意見) PDFリンク
桑原 直己 (意見) PDFリンク
長町 裕司 (意見) PDFリンク

 

書評会

中山善樹著 『エックハルト研究序説』

谷 隆一郎 (司会) PDFリンク
(質疑応答) 松田 美佳、須沢 かおり、宮本 久雄
中山 善樹 (著者コメント) PDFリンク

 

片柳栄一著 『初期アウグスティヌス哲学の形成 –第一の探究する自由』

中川 純男 (司会) PDFリンク
(質疑応答) 岡部 由紀子、宮内 璋、森 泰男、加藤 武、水落 健治
 片柳 栄一 (著者コメント) PDFリンク

 

書評

大森 正樹 Jean-Claude Larchet: La divinisation de l’homme selon Saint Maxime le Confesseur PDFリンク
甚野 尚志 Peter von Moos: Geschichte als Topik. Das rhetorische Exemplum von der antike zur Neuzeit und die historiae im “Policraticus” Johannes von Salisbury PDFリンク
桑原 直己 Denis J.M.Bradley: Aquinas on the Twofold Human Good –Reason and Human Happiness in Aquinas’s Moral Science PDFリンク
小川 量子 M.E.Ingham: The Harmony of Goodness. Mutuality and Moral Living according to John Duns Scotus PDFリンク
関沢 和泉 Constantino Marmo (ed.) VESTIGIA,IMAGINES,VERBA — Semiotics and Logic in Medieval Theological Texts (XIIth-XVIth Century) PDFリンク
八巻 和彦 Kurt Flasch: Nikkolaus von Kues. Geschichte einer Entwicklung. Vorlesungen zur Einführung in seine Philosophie PDFリンク
菊地 伸二 茂泉昭男著『輝ける悪徳 –アウグスティヌスの深層心理』 PDFリンク
長倉 久子 渡部菊郎著『トマス・アクィナスにおける真理論』 PDFリンク
宮内 久光 稲垣良典著『トマス・アクィナス倫理学の研究』 PDFリンク

 

その他

会報・規約 欧文要約

PageTop