トップページ > 『中世思想研究』バックナンバー > 『中世思想研究』第38号

『中世思想研究』第38号

第38号目次 1996年(平成8年)9月25日発行、定価3,500円

論文

大鹿 一正 個体化の根源に関する一考察 ‐‐トマス・アクィナスとドゥンス・スコトゥスにおける PDFリンク
清水 哲郎 (コメント) トマスおよびスコトゥスの個体化の理論 PDFリンク
宮内 久光 (討論報告・司会者) PDFリンク
片山 寛 受難のふさわしさ ‐‐トマス・アクィナスにおける「出来事」の問題 PDFリンク
桑原 直巳 知性的存在者における悪 ‐‐トマス・アクィナスと天使の罪 PDFリンク
チャールズ・カンネンギーサー 古代アレキサンドリアにおける古典哲学とキリスト教の釈義との出会い(講演) PDFリンク

 

研究ノート

上村 直樹 <自由>の根拠をめぐって ‐‐アウグスティーヌス『自由意志論』における意志探究 PDFリンク
沼田 敦 理性的魂の準備は能動知性からの作用を必然化するか –イブン・シーナーの知性認識理解が含む一問題 PDFリンク
江口 克彦 トマス・アクィナスにおける「分析の道」(via resolutionis)の意味 PDFリンク
小沢 明也 トマス・アクィナスにおけるハビトゥス的自己認識 –デカルトにおけるコギトに抗して PDFリンク

 

シンポジウム

論題 中世における神秘思想

坂口 昴吉 (司会) PDFリンク
長倉 久子 (提題) ボナヴェントゥラの神秘思想におけるフランシスカニズム PDFリンク
八木 雄二 (提題) 「神秘」 –ドゥンス・スコトゥスの場合 PDFリンク
 谷 隆一郎 (意見) 眼前の個, 出会いの語り得ざるもの PDFリンク
 水落 健治 (意見) PDFリンク
加藤 武 (意見) 経験と解釈 PDFリンク

:坂口昂吉氏の「昂」は本来,異字体で表記されるべきものです.フォント表示の問題で勝手ながら「昂」を使わせていただきました。

書評

水落 健治 K. Döring und T.Ebert(hrsg.): Dialektiker und Stoiker, Zur Logik der Stoa und ihrer Vorläufer PDFリンク
大森 正樹 P. Nellas: Le vivant divinisé, L’anthropologie des Pères de l’Église (traduit du grec par J.-L. Palierne) PDFリンク
野町 啓 M. Richter: The Oral Tradition in the Early Middle Age PDFリンク
土橋 茂樹 J. M. Blythe: Ideal Government and the Mixed Constitution in the Middle Ages PDFリンク
谷 隆一郎 片柳栄一著『初期アウグスティヌス哲学の形成 –第一の探究する自由』 PDFリンク
宮内 久光 K.リーゼンフーバー『中世哲学の源流』 PDFリンク

 

研究動向

K.リーゼンフーバー 上智大学中世思想研究所 PDFリンク
松崎 一平 京大中世哲学研究会 PDFリンク

 

その他

中世哲学関係文献目録(1993年4月~96年3月)
会報・規約 欧文要約

PageTop