トップページ > 『中世思想研究』バックナンバー > 『中世思想研究』第35号

『中世思想研究』第35号

第35号目次 1993年(平成5年)9月25日発行、販売終了

論文

稲垣 良典 トマス倫理学における至福 PDFリンク
山村 敬 実体,個体,ヒュポスタシス,八・九世紀東方キリスト教思想の展開とその意味 — イコン論争の射程 PDFリンク
今 義博 弁証法の革新 — エリウゲナにおける「自然」あるいは「普遍」の弁証法 PDFリンク
渋谷 克美 スコトゥスの個体化の理論に対するオッカムの批判 PDFリンク
加藤 雅人 ガンのヘンリクスの照明説 PDFリンク
岡崎 文明 トマス・アクィナスにおける「第一原因」—「作出因としての性格」と「目的因としての性格」をめぐって PDFリンク
水田 英実 (コメント)トマス・アクィナスによるアリストテレス解釈の仕方について — 岡崎文明氏の発表に対して PDFリンク
大鹿 一正 (討論報告)司会者 PDFリンク

 

研究ノート

矢玉 俊彦 実体と認識 — トマス・アクィナスによる自存の形而上学 PDFリンク
佐藤 直子 クザーヌスにおける<可能自体>の概念 PDFリンク

 

シンポジウム

論題 中世における神秘思想 ―― 教父とその遺産

泉 治典 (司会) PDFリンク
谷 隆一郎 (提題)教父における神秘 — 神(=存在)の顕現・受肉のかたちをめぐって PDFリンク
熊田 陽一郎 (提題)ディオニシウス・アレオパギデスの神秘思想 PDFリンク
大森 正樹 (提題)ヘシュカスムにおける神化の思想 — パラマスを中心として PDFリンク
宮本 久雄 (意見)野の百合とロゴス PDFリンク
加藤 武 (意見) PDFリンク

 

書評

樋笠 勝士 M. Daraki, Une religiosité sans Dieu. Essai sur les stoïciens d’Athènes et Saint Augustin PDFリンク
一色 裕 C. Harrison, Beauty and Revelation in the Thought of Saint Augustin PDFリンク
渡部 菊郎 A. Maurer, Being and Knowing. Studies in Thomas Aquinas and Later Medieval Philosophers PDFリンク

 

その他

中世哲学関係文献目録(1990年4月~1993年3月)
会報・規約
欧文要約

PageTop