トップページ > 学会活動 > 次回研究大会案内

次回研究大会案内

次回研究大会

第66回大会は、「岡山大学(岡山県岡山市)」にて「2017年11月11日(土)、11月12日(日)」に開催されます。ふるってご参加ください。

第65回大会は、「早稲田大学(東京都新宿区)」にて、2016年11月12日(土)、11月13日(日)に開催され、盛会裏に終えることができました。ご参加ありがとうございました。

 

第65回大会プログラム

【日程】:2016年11月12日(土)・13日(日)
【場所】:早稲田大学 早稲田キャンパス 小野記念講堂(リンク先「キャンパス案内図」参照:27番の建物)

※ 会場アクセスについては、お送りした「大会パンフレット冊子」の末尾もご参照ください
※ 大会ブログラムと発表梗概の PDF 版はアイコンをクリックしてください PDFリンク

1日目(11月12日)【受付開始】09:30

開始 終了 発表者 題目 司会者
10:00 10:50 ⽯⽥ 隆太
(筑波⼤学/
⽇本学術振興会)
トマス・アクィナスと天使の個体化
──個体化の原理の射程をめぐって──
松村 良祐
(藤⼥⼦⼤学)
10:50 11:40 ⼩⽥ 英
(早稲田大学)
スアレスの政治思想における純粋な⾃然(pura natura)という概念の意義 横⽥ 蔵⼈
(山口大学)
11:50 12:50 評議会(8号館[キャンパスマップ8番]2階 104号室)
13:00 13:50 岡嵜 隆哲
(同志社大学)
アウグスティヌスにおける内的対話の展開 ──『告⽩録』における『詩編』引⽤の意味と可能性について── 佐藤 真基⼦
(富山大学)
13:50 14:40 アダム・タカハシ
(白百合女子大学)
天球の霊魂と神的摂理:アルベルトゥス・マグヌスとアリストテレス主義における≪註解≫の伝統 江⼝ 克彦
(京都外国語⼤学)
14:40 15:30 星野 倫
(京都大学)
ダンテと三段論法 ⼭内 志朗
(慶應義塾大学)
15:30 15:50 休憩
15:50 16:40 会長・事務局
編集委員長
【臨時報告】中世哲学会規約の修正素案について  
 
16:40 17:30 ⼋巻 和彦
(早稲田大学)
【シンポジウム連動報告】
⻄⽅神秘思想における東⽅との連続性と独⾃性
⼩林 剛
(明治学院大学)
18:00 20:00 懇親会

2日目(11月13日)【受付開始】09:50

開始 終了 発表者 題目 司会者
10:20 11:10 野邊 晴陽
(東京大学)
トマス・アクィナスの超範疇概念論(QDV 1.1に基づいて) 井澤 清
(甲南大学)
11:10 12:00 村上 寛
(早稲田大学)
「滅却された魂」における意志について
──「再帰的意志」の観点から
佐藤 直⼦
(上智大学)
12:00 13:00 編集委員会(8号館[キャンパスマップ8番]2階 104号室)
13:00 13:50 総会
14:00 17:00 第65回中世哲学会シンポジウム ――西方キリスト教における神秘思想――
【提題】
⽥島 照久
(早稲田大学)
神化の伝統とエックハルトにおける神認識の問題 ──神の〔⼦の〕誕⽣をめぐって── 井上 淳
(南山大学)
【提題】
阿部 善彦
(立教大学)
クザーヌスの神化思想 ──Visio Dei における創造から神化へのダイナミズム──
【提題】
鶴岡 賀雄
(東京大学)
⻄⽅神秘思想史における⼗字架のヨハネの位置と意義

 

過去の研究大会について

これまで開催された研究大会の情報については、「研究大会記録」をご参照ください。

PageTop