トップページ > 学会活動 > 『中世思想研究』最新号

『中世思想研究』最新号

『中世思想研究』バックナンバー は、左のリンクをクリックしてください

第58号 2016年(平成28年)10月15日発行、定価(3,500円+税)

論文

加藤 和哉 『神学大全』は誰のために書かれたのか
上枝 美典 トマスにおける神の知の不変性と時間の認識
松根 伸治 ガンのヘンリクスとpropositio magistralis──意志の悪と理性の誤り――
内山 真莉子 トマス・アクィナスにおけるアナロギアの整合的理解の可能性について

 

研究論文

芝元 航平 神の「存在論的証明」に対するトマス・アクィナスの批判について──アンセルムスの論証との比較という観点からの考察──
西村 雄太 トマス・アクィナスにおける可能世界の問題
菅原 領二 フライベルクのディートリヒにおける概念把捉的存在者論

 

シンポジウム

特集 東方神化思想と西方神秘思想Ⅰ──東方キリスト教の伝統における神化思想――

井上 淳・上村 直樹・
小林 剛・河野 一典
〈企画趣旨〉
河野 一典 〈司会報告〉
久松 英二 〈連動報告〉ギリシア教父における神化思想
袴田 渉 〈提題〉〉「名づけ」と神化──ディオニュシオス『神名論』をめぐって──
谷 隆一郎 〈提題〉証聖者マクシモスにおける神化の道行き──「善く意志すること」の可能根拠を問う──
大森 正樹 〈提題〉「神化」をめぐる問題──ヘシュカズム論争の一断面──

 

書評

秋山 学 PERENDY László, Antiokhiai katekézis a II. század végén: Theophilosz püspök munkássága

 

その他

会報・規約・著作権規程
欧文要旨

 

PageTop