トップページ > 学会活動 > 『中世思想研究』最新号

『中世思想研究』最新号

・既刊分については、「活動記録」の中にある「『中世思想研究』バックナンバー」をご覧下さい。
・機関誌の概要(投稿規程など)については、「学会紹介」の中にある「研究機関誌『中世思想研究』」をご覧下さい。

第63号 2021年(令和3年)9月30日発行、定価(3,500円+税)

論文

秋山 学 大バシレイオスによる詩編唱和の内的意義──詩編第119(118)編を中心に
芝元 航平 トマス・アクィナスにおける実体/付帯性概念と存在の分有構造
──アヴィセンナの影響という観点からの考察

シンポジウム

特集 枢要徳の形成と発展II──スコラ学における枢要徳の発展──

藤本 温・山田 庄太郎・
松村 良祐
〈企画趣旨〉
山田 庄太郎 〈司会報告〉
桑原 直己 〈連動報告〉中世における「枢要徳」概念の展開
──トマス・アクィナスを中心に
松根 伸治 〈提題〉12 世紀の枢要徳論──異教徒の徳という視点から
松村 良祐 〈提題〉ボナヴェントゥラと枢要徳
──『ヘクサエメロン講解』第6,7 講解を中心として
小川 量子 〈提題〉スコトゥスにおける枢要徳──枢要徳の再構築と友愛の完全性

論考(寄稿)

八巻 和彦 クザーヌスの〈イディオータ〉思想の現代的意義
──〈専門家-素人〉相関の視点から

書評

袴田  渉 Filip IVANOVIC, Desiring the Beautiful: The Erotic-Aesthetic Dimension
of Deification in Dionysius the Areopagite and Maximus the Confessor
土橋 茂樹 Roland Betancourt, Sight, Touch, and Imagination in Byzantium
宮島  舜 Jari Kaukua, Self-Awareness in Islamic Philosophy: Avicenna and Beyond
石田 隆太 Nicola Polloni, The Twelfth-Century Renewal of Latin Metaphysics:
Gundissalinus’s Ontology of Matter and Form

その他

会報・規約・著作権規程・投稿規程
欧文要旨
中世哲学会役員

PageTop